中学受験で転塾

塾に通って中学受験の為の勉強をする方は少なくありません。しかし、中々求めていた結果が出ないので、転塾を考える親もいるでしょう。この時の選択肢としてあるのが、塾を辞めてほかの塾に通う、塾を辞めない、塾を継続しつつ、家庭教師をお願いすることです。どの選択肢をしても間違いではありません。しかし、あくまでも塾に通っているのは、中学受験の合格をする為です。

その為にどの選択肢が一番かを考えないといけません。しかし、考慮しないといけないのは、子供の気持ちです。仲が良い友人がいるのであれば、子供は塾を辞めたくないと言ってくることもあります。また、その塾が本当に悪いのかということも考えないといけません。集団授業での塾に通っている方は、授業料は高くなるものの、個別授業の塾を選択する方法もあります。

現状の把握や分析あるいは方向性がはっきりしていれば、取るべき選択肢は絞られてくるものです。目安となるのは3か月です。3か月で結果が向上しないのであれば、塾を変える選択を考えても良いでしょう。しかし、3か月未満となると、これから結果が出る可能性も十分に考えられる為、安易に塾を変えれば良い結果が出ると思わない方が良いです。