中学受験の注意点

中学受験を受ける時には、当然志望校は決めてあるものです。中には小学校4、5年生でまだ志望校が決まっていない子供もいるかもしれませんが、勉強は進めていっているはずです。となると、苦手分野を克服する勉強を心掛けないといけません。一つでも苦手分野があると、その分野の問題が多かった場合、得点を稼ぐことができなくなってしまいます。

過去問題集には、出題傾向表があるはずです。そこには出やすい問題に目印が付いている為、参考にした方が良いでしょう。

また、中学受験の為の勉強をする際には、体調管理を理由に勉強のペースを落とすのは危険です。体調管理は非常に重要なことではありますが、体調が良くてもやったことのない問題を解くことはできません。体調管理を言い訳にして勉強をしないとなると、どんどんライバルは先に進んでいます。

さらに、今の状況で最優先して行わないといけない勉強は何かを考えることが大事です。たとえば、受験がすぐなのに、新しい取り組みで勉強をしても意味はありません。今までに勉強をしたことのおさらいをした方が良いのは間違いありません。中学受験は勉強法一つで大きく結果が変わるものであり、ただ勉強をしてもダメということを親がしっかり理解をすることが大事になります。