中学受験の勉強方法

中学受験をする子供にとって、小学6年の12月はいよいよ本番という気持ちになってきます。志望校合格に向けてラストスパートをかける時期と言える時期には、不安や焦りがある方もいるはずです。中学受験の勉強を行う上で、この時期になったら勉強方法を考えないといけません。小学4、5年生の時と同じ勉強方法をすれば良いという訳ではないです。

まずは、直前になって新しい取り組みで得点アップを狙うのはおすすめできません。

この時期になった時には、獲得できる得点を確実に取るように心掛けた勉強方法が良いでしょう。中学受験は決して満点を取らないといけない訳でありません。難解な問題は多少に目を瞑っても、簡単な問題を確実に取れるようにしないといけません。ケアレスミスをしないようにするための問題を集めた問題集を活用する方法や、苦手分野の簡単な問題集を活用するのが良いでしょう。

年末年始がからむ時期の為、親は子供の気持ちが浮ついてしまうこともしっかり考慮しないといけません。勉強のリズムが狂ってしまうと、取り戻すのに大幅に時間がかかってしまいます。こういった意味合いもあり、新しい取り組みを行うのは危険なのです。中学受験の勉強はただすれば良い訳ではなく、順序を大事にした取り組みが大事です。